DIY&レザークラフト レザークラフトの技法

レザークラフトの始め方。おすすめの道具は?!

トコノール

トコノール&コーンスリッカー。

革の断面(コバ)や床面(ザラザラした面)の仕上げ材です。

トコノールを塗ってコーンスリッカー(木の棒)で磨きます。

サイビノール100

サイビノール100とジラコヘラです。

接着剤なのですが、この「100」がオススメです。

粘度が低くサラッとしていて素早く薄く塗ることができ、無色なので張り合わせたコバもキレイに仕上がります。

ヘラはこのジラコヘラが薄く塗りやすいのでオススメです。

ニートフットオイル

ヌメ革は買った時は油分がない場合が多く、染色後にも油分がなくなってしまうため、それを補う時に使います。

ヌメ革がキレイに経年変化する為にも必要なのだとか。

味気ない革が一気に艶っとして雰囲気が出てきます。

ヘリ落とし

ヘリ落とし。

革の角を削る道具です。

コバを丸く成型する時に使います。

ライター等

ライターorヒートペン。

縫い終わった糸の処理に使います。

ライターでも大丈夫ですが、革が焦げることがあります。

ヒートペンは少しお値段はしますがキレイに糸を処理できます。

針

針。

通常レザークラフトだともっと太い針を使いますが、縫い穴が広がってしまうのが嫌で私は細い針を使用しています。

ルーター

ルーターorヤスリ。

コバを成型する時に使います。

私はもっぱらルーターです。

素早くキレイに仕上げられます。

水と筆

水と筆。

コバを磨く際に使います。

仕上げ磨きの前に筆でサッとコバに水を染み込ませます。

100均の物で十分。

ポンチ

ポンチ。

丸い穴を開けます。

良く使うのは直径2㎜~3㎜です。

カシメ、バネホック類、レースの縫い穴、スペーサーづくり等使う場面は多いです。

安い物を購入しましたが耐水ペーパーで研いで使っています。

角落とし

端落とし・・・というらしいです。

革の角を丸くカットする時に使います。

カッターや別たちでこの曲線をキレイに切り抜くのは難しいので、キレイに仕上がりますし、作業スピードも上がります。

次のページへ >

一覧

-DIY&レザークラフト, レザークラフトの技法

Copyright© またたびキャン , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.