DIY&レザークラフト レザークラフトの技法

ヌメ革の水・汚れ対策

こんにちは!

今回はヌメ革の水濡れ汚れ対策について書いてみたいと思います。

まず思いつくのは撥水スプレーやクリームがあると思います。

もう一つはレザーコート等のアクリル樹脂を塗る方法。

私もこれまでその方法で水濡れの対策をしてきましたが、今一つ効果が長続きせず、せっかく作った作品も汚れてしまうということがありました(;´・ω・)

今回は「加脂」をすることで革の防水性能を上げる方法を試してみました。

詳しい方法についてはここでご紹介したい所ですが、本に紹介されていた内容なのでそちらをご覧頂ければと思います。

これまで色々なレザークラフト本を買いましたが、「使える技法」が紹介されている本でした。

よくある製作方法を紹介した本ではなく、技法の紹介を軸に作品作りを紹介しているので応用の利くものが多いです。

この「技法辞典」も、未だにお世話になっている本ですがこれと並んで「ヌメ革をアレンジして作る革小物」もとても良い本だと思います。

レザークラフトの本って本屋にあまり置いていないので、基本ネット購入になると思います。

自分はたくさん失敗本を購入してしまいました(涙)  高いのに・・・・。

きっと役立つ一冊になるハズです👍

作業の様子

ヌメ革

防水対策前に、染色してしまいます。

対策前

染色しただけの状態。

秘密のクリーム

ここで登場するのは本で紹介されている秘密のクリームです(^-^)黒瀬スパイスではありません。

 

 

塗りこみ

革に塗りこんでいきます。

完成

油分がしっかり染み込み、折り曲げた部分が白くグラデーション掛かっています。

匂いも、イタリアンレザーの様な匂いです(^-^)

 

水

水を霧吹きでかけて10秒程経っても染み込むことはありませんでした。

しっかりと水を弾いてくれています。

 

ツヤツヤ

表面に膜があり、光沢が出ています。

水や汚れに神経を使うヌメ革がここまで変化したことに驚きました。

長く使っていく革製品なので、手間はかかりますがぜひオススメしたい方法です(^-^)

拭き取る

仕上げに革を良く揉みこんでシボを作りました。

追記分

追記2

椅子の背もたれになりました(^-^)

座った時もサラサラとした質感と、良い香りがします。

これで安心して屋外でガンガン使えます。

椅子の作り方はこちら!⇩

最後まで読んで頂きありがとうございます(^-^)

おためしあれー

一覧

-DIY&レザークラフト, レザークラフトの技法

Copyright© またたびキャン , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.